FC2ブログ

ううん酸

とりまシェリル・ノームのファンサイトです。うさんくさい?

こわごわと戦術支援AI(人口知能?)などうp

えせミリタリー小説風アルト譚。
3日も前に書き上げたけど、ドットシェリルに喰われてました・・・。まあ内容に自信がないのもあるな。

さて、学園モノもとりあえず書き始めればなんかでてくる?と思ってとりあえず書き始めてみたけど・・・。
事件とかアイテムのネタがない・・・。
ええと、時事ネタ?で、軌道エレベーター建設でも織り込むか?シェリル単独大気圏突入とか入れるか?航空学校だからな。
青春もそのへんにありそうだ。

まあいいや、今回はとりあえず新婚かどうかは別に、結婚後のアルトとシェリルで、アルトだけのお話です。
アクションはなし、バカばなし系(さる軍団はでてこないよ)。
よろしければ。




簡単なテストと愛妻



「やあバト、久しぶりだな。」
アルトが声を掛けると、パイロットスーツに組み込まれた擬似AI(人工知能)も穏やかに答えた。
「ええ、お元気そうで何よりです。」

戦闘機パイロットが自機を降りて、そのままシームレスに陸上戦闘に参加する・・・。
そんな状況は、果たしてどれだけ有り得るのか?
だが、小さい可能性であっても、スキルアップとそのための兵装開発は必要だ。
そして、真空の宇宙ではなく、大気圏下でのシミュレーションが必要となった時、広大な未開発空域を持つ惑星ガイノスと、スキルの高いSMSパイロットの組み合わせが重用されるのも、流れとしては自然だった。
そんな理由から、今日のアルトは「地上作戦支援用 擬似AI『バト』」と、再び行動を共にしている。

バトは擬似AIであるがゆえに、そこに感情は無い。
だがその反応は、時に人間らしい応答が出来る様に設計されていた。
その方が、兵士への情報伝達がスムースに出来る事が分かっていたからだ。

惑星ガイノスの青空を、新統合軍仕様のVF25が飛ぶ。
すべらかな口調で、インカムから彼女(彼?)が、答えた。
「こちらこそお久し振りです大尉。前回はガイノスでの降下作戦の時にお会いしました。」
「ああ、そうだな。 今日は陸戦型パイロットスーツの完熟試験だ。気楽にやろう。」
「了解です。」
バトとアルトの会話も慣れた雰囲気だ。

ガイノス駐留SMS部隊に依頼があったのは、惑星仕様兵装、大気圏内での陸上攻撃兼用型EXギア(パイロットスーツ兼用)のテストだった。
ほぼ完成型に近い状態のそれに、大きな問題は想定されていない。
主に、細かいマッチングの確認、高Gの飛行、降下。
機体から離れて走り、模擬陸戦。
また走って機体に戻り、帰還。 それでテストはお終い、の予定だ。
アルトにとって、作戦空域へのVFでの移動は、若干の空き時間と言ってよい。

「君は相変わらずかい?」
「そうですね、先回お会いした時、私はバージョン6でした。今は7.3です。」
「へええ、何か新しく出来る様になったの?」
VFの操縦桿を操りながらアルトが聞く。

「そうですね。例えば楽曲の提供が出来ます。何かリクエストとかは有りませんか?」
「おっと、じゃあそうだな。彼女の・・・、シェリルの新曲とか出せるかい?」
「了解です。 最新PVとセットで、0.25クレジットです。次の小休止で課金を承認下さい。」
「あれ?お金取るの?」
「もちろん。給与引き落としです。」
「はは、いいよ。どうせウチの財布だ。」
「どういうことですか?」
「何でもないよ。」
「楽曲は、今聴かれますか?」
「頼む。」
聴きなれた音楽が聞こえ始める。


・・・・・・・・・・・


「あとはどんなことができるんだい?」
しばらくしてアルトが再び聞いた。
「シェリルがお好きなら、彼女の口真似が出来ます。」
「げっ、モノマね? ・・・へえ。 って!それもまさか有料かよ?」
「いえ、言語再生パターンを少しいじっただけの改造プログラムです。コ社の女性プログラムデザイナーの趣味に、さらに幾つかの修正が加わったモノの様です。」
「なんだか事務所とか良いのかな・・・。 シェリル口真似なんて仕様が普通にあるの?」
「ええ、陸戦隊オンリーの、隠れ仕様ですが。」

「・・・、利用している兵士はけっこういるのかい?」
「コ社の製品、私を受領している兵士だけですが。 内だいたい206万人くらいの兵士が採用しています。ほぼ男女半々でしょうか。」
「!!って206万人・・・? 俺は遠慮しておくよ。」
「そうですか。」

バトが急に艶(つや)やかな口調で呟いた。
「あ~ら残念!こんなサービスめったにないのに。」
「!! だからいいって・・・。」
アルトは苦笑しながら答える。

「(まったく人の妻を何だと思ってるんだか・・・。 まあ、あいつも案外面白がったりするのかな? いや、これは肖像権とか何かの問題じゃないのか? 
ただのモノマねだから良いのか? いやいや・・・、かなりグレーだろ。)」
しばし考えがまとまらない。

「どうかした?アルト。」
聞きなれた?優しい声に、一瞬、ちょっとだけ混乱する。
「だからやめろって!バト!!」
「・・・残念です。自信があったので・・・。」
バトが小さくつぶやいた。


FIN

って・・・これで終わり?
すんません。
なんじゃこりゃ?

あ!明日拍手返事書く。ロリルと射手座つくったけど・・・、いまいちだった。
最後まで読んでくれた人に感謝です。
スポンサーサイト



  1. 2012/04/14(土) 21:05:36|
  2. 作品(マクロス小説)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<この好き日に | ホーム | 髪は女の命!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikikix.blog.fc2.com/tb.php/92-e15c7ec8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kikikix

Author:kikikix
アルトとシェリルでSF風ショートショートがメインです。
ちょこっとフイギュアとかに逃げる時があります。
SSは「~年表」が作品リストになってます。
フィギュアは?まあこういうのもフイギュアって言ってOK?

カテゴリ

未分類 (16)
日々 (1022)
アルシェリ年表(小説SSリスト) (5)
作品(マクロス小説) (121)
拍手返事 (33)
菓子箱バルキリー (22)
シェリルふいぎゅあとか立体系 (376)
いただきもの (14)
リンクフリーです!リンク集 (3)
お絵かき (21)
3周年! 薄い本大作戦 (72)
4周年! 紙人形と薄い本作戦 (51)
女子はいつ腐るか? (16)
けいおん!(りある (3)

最新記事

月別アーカイブ

くんたっしゅ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR