FC2ブログ

ううん酸

とりまシェリル・ノームのファンサイトです。うさんくさい?

なんすか今年もあと2か月と2日ですか?

まいったね、今年もカウントダウンかよ。
マクロスΔ(デルタ)に持っていかれそうな昨今ですが。

さて、昨日、東京国際映画祭なるものに行ってきました。 The world of Hideaki Anno  なるイベントのひとつに参加。
観た作品は、88年のOVA作品6話一挙上映。
「トップをねらえ!」
庵野が初監督やった作品ということでラインナップされたみたい。


感想? 結論からいくと、5点満点で、★4つと半くらいあげてもいいんだけど、今時のフルCG、美麗キャラがギュンギュン動くアニメに比べればやはり見劣りします。
セルアニメだし、悪くするとトレス線も手書き?ってなくらい・・・。
爆発もぜんぜん光りません。スピード表現も集中線で表現するような作画です。
話も前半の学園ものから、どうしようもなく広がっていく戦争の惨禍みたいな描写でも、すべてにギャグ風味満載?

・・・しかし、88年にしてすでに「あれ、ジャパニメーションって完成していたんだな・・・。」と思わせる内容。
今時アニメが持っている魅力はすべて含まれています。
特に、マクロス的な価値観のアニメ要素はね。未見だけどエバンゲリオンなんかも同じように見えるんじゃないかなあ。

あっ、お話もよかったよ。
まさかのウラシマ効果ネタで、これを真面目にやったアニメがあったなんて・・・って感じ。
ジョー・ホールドマンの「終わりなき戦い」との共通点をあげるなんて、きっと当時のアニメ評論家もやってたんだろうな。
僕が蒸し返すことじゃないか。

作品感想は以上。


さて、今回映画祭で見て良かったこと。
・やはり大画面は無条件にいい。
・日本アニメの歴史を振り返る、特に庵野秀明というキーパーソンから見る歴史みたいな視点で古い作品を見れたこと。
・劇場に縛り付けられてないと、これだけ古い作品を集中してみるのは不可能(絶対途中でなんか他のことするよね?)


映画祭ってイベントの、文化的な価値みたいなことも考えさせられたよ。(理屈っぽいな!







スポンサーサイト



  1. 2014/10/29(水) 22:13:36|
  2. 日々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<はっぴいはろういんんn~ | ホーム | 黄色でちょうどいいのならコレは?季節だし。ハロウィイイン~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikikix.blog.fc2.com/tb.php/913-9b673aff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kikikix

Author:kikikix
アルトとシェリルでSF風ショートショートがメインです。
ちょこっとフイギュアとかに逃げる時があります。
SSは「~年表」が作品リストになってます。
フィギュアは?まあこういうのもフイギュアって言ってOK?

カテゴリ

未分類 (16)
日々 (1027)
アルシェリ年表(小説SSリスト) (5)
作品(マクロス小説) (121)
拍手返事 (33)
菓子箱バルキリー (22)
シェリルふいぎゅあとか立体系 (376)
いただきもの (14)
リンクフリーです!リンク集 (3)
お絵かき (21)
3周年! 薄い本大作戦 (72)
4周年! 紙人形と薄い本作戦 (51)
女子はいつ腐るか? (16)
けいおん!(りある (3)

最新記事

月別アーカイブ

くんたっしゅ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR