FC2ブログ

ううん酸

とりまシェリル・ノームのファンサイトです。うさんくさい?

惑星サグレスから

再録にあたり、なんとなく読み返しているんだけど・・・。誤字脱字があるのかな、見つけられないのはフシ穴だから?
御方のところに載っているのは校正後なんですが、こちらはおいらの原版のままです。
何かあったら指摘下さい。たぶん「演出」ではないから。
さて、今日はこれくらいかな。 残りは明日。
それと新作!まずはネタからだよ!考えなきゃ(←なにより自分のために)

サグレスはVF本から。ブルーインパルスで盛り上がった記念に。
あとランカを書きたかったので。ランカはいいこ。




惑星サグレスから


番組出演を終えたランカが走る。楽屋でシェリルが待っているから。
惑星サグレス政府は文化公演に積極的だ。
3日間のステージと、続く追加公演を終えたシェリルは、明後日までこの惑星に滞在する。
来週から公演が始まるランカは、サグレス到着と同時に盛大な歓迎を受けて、今日から10日間の滞在予定だ。

「シェリルさん!!」
自身の楽屋に飛び込むと、ソファに座るシェリルを見つけて後ろから飛びつく。
「ちょっ! もう。 相変わらずね。」
雑誌を広げていたシェリルが笑いながら答える。

ランカは、あわただしくステージ衣装を着替えて、タオルとドリンクホルダーをとり、シェリルの前に座る。
わくわくと「(何から話そうか!)」と、その目が訴える。

「アルトくんは、今回は一緒じゃないんですね?」
「彼はSMSの仕事で今は、ガイノスよ。」
「こちらでの公演はいかがでした?」
「上々ね。サグレスの人たちはとてもマナーが良くて。」
楽しげなランカの質問が続き、シェリルとの会話が弾む。

しばらくして、シェリルのカップが空になっていることに気がつくランカ。
「あ、すみません。コーヒーでいいですか?」「ええ、ありがとう。」
サーバーからカップにコーヒーを注ぎ、シェリルに手渡す。
シェリルの手元の卓上に、広げたままの雑誌がある事に気がつき、ランカが手に取る。

表紙は、パイロットスーツでにこやかに笑うシェリルと、遠景に写るVF-25だ。
『航宙ファン 2065年6月特集号』

「最新号ですね。『航宙ファン』の仕事多いですよね?」ランカがパラパラと誌面をめくりながら尋ねる。
中央の特集ページに、かなりの貢数でシェリルが載っている。
2~3回の刊行毎に、シェリルの記事が出ている雑誌だ。 シェリルのページ以外は、わりとマニアックでまじめな航空、航宙機の記事が主体である。
最近は宇宙機ファン以外、シェリルファンにも部数を伸ばしている印象だ。
実はランカも毎号チェックしている。 「(シェリルさん見たさでv。)」

「ギャラはたいした事無いんだけど。事務所にもお願いして、ねじ込んであるのよ。」
シェリルが説明する。
「復帰する前に、フロンティアでVF(可変戦闘機)のライセンスを取ったじゃない?
ところが、このライセンスの維持に、年間112時間の滞空時間が必要なの!この私に112時間も飛行機に乗っていろ!よ? もう、スケジュールの調整ができないから、いっそ仕事にしちゃえー って。」
大げさなため息をつく。
「仕事と両立させないと続けられないのよ。 まったくいつまでパイロットなんてやってるつもり何だとか・・・って。 でもけっこう自分で操縦桿を握ると楽しいのよね。」
ランカは熱心にうなずく。
雑誌の写真の片隅にアルトらしい人物を見つけて微笑む。

「で、明日はその雑誌の企画で、サグレス防衛航空団のゲートキーパー部隊と、模擬空戦と、展示飛行訓練のプログラムをお願いしてあるの。 ランカちゃんも来る?」

「え?」目をぱちくりするランカ。こんな表情の時、彼女は本当にかわいらしい。
「ええと、公演準備までは、まだ2日はあるけど・・・。」ランカは判断がつかないという顔で答える。
「OK! スケジュールなら調整させるわ。
 私の機体は復座にも変更できるしね。一緒に飛びましょ!」

シェリルがランカにウィンクをしながら、携帯を取り出す。
ワンコールですぐに電話に出た男性と挨拶を交わすと、シェリルは明日の取材に、ランカをゲストで連れて行きたい旨を伝え始める。
「そう、ランカちゃんも一緒に。 ・・・。 本人が快諾しているのよ? 事務所くらい通せるわよ。
そう、何処かの番組とタイにしたら・・・、 ほらこの前のMBSのプロデューサーとか・・・。 ドキュメンタリーの企画脚本(ほん)くらい一晩で書かせなさいな。
 ・・・ええ、・・・・。 じゃあ明日。」

「編集長に電話しちゃった。うふふ、楽しみだわ~。明日は迎えを出すわね。」
シェリルがランカに微笑んだ。



翌朝。
ランカとシェリルは、迎えに来た軍用ヘリに乗り、郊外の新統合軍ゲートキーパー基地へ向かう。
惑星サグレスは、銀河標準(地球)にくらべて若干大きい惑星だ。
重力は1.123G。だいたい1割り増しの重力になる。
主要都市、宇宙港近辺のホテル、移動車中などでは、グラコン(=グラビティ(重力)コンデショナー)が効いているので、あまり高重力を感じることはない。
だが、空軍基地のブリーフィングルーム、格納庫ともなれば、グラコンなどという気の利いた設備はない。
身体装着型簡易EXギアの補助が無ければ長時間の歩行などはやはり困難に感じる。
空気も濃密な感じがする。


ランカは着慣れない(とはいえ何度か着たことがある)新統合軍仕様のパイロットスーツの、補助EX機能の出力を調整しながら、同じく着替え終わったシェリルに話しかける。
「今朝アルトくんに連絡しました? シェリルさんがはしゃぎすぎない様によろしく頼むって、電話がありました。」
シェリルが苦笑交じりに返す、「もうっ、アルトったら余計な事を言うんだから。ひさびさにランカちゃんと遊べるから楽しみだって、メールしただけよ。」

ハンガー(格納庫)では、数機のVF-25が飛行前の整備を受けている。
中央に、エール・ド・リュミエールをあしらったシェリルのSMS-727が。
右隣に、SVF-1429プリズマテックス#211が並ぶ。
尾翼でランカの似顔絵が、ウィンクと星をまいている。

プリズマテックス#211のパイロットが、二人に気がつき、挨拶をする。
「おはよう!シェリルさん、ランカさん。 今日はランカさんも一緒なんですね。」
「おはよう、長道中尉!今日はよろしくね。 ランカちゃんは午後の展示飛行訓練で一緒に飛ぶ予定よ。」シェリルが答える。
「長道中尉、お久しぶりです。」ランカも応える。
「ランカさん、公演初日行きますよ!チケットありがとうございます。」
中尉は、笑顔でそのまま機体整備に戻る。



ランカも、自機のチェックを始めたシェリルについて歩く。
チェックコードを読みあげながら、シェリルがランカに言う。
「彼、あなたに気があるみたいよ。もっともあの機体で、そうじゃないとは言わせないけどね。」 (VF25マスターファイル;P125参照)
ランカがおかしそうに返す。
「ええ、そんな感じです。 サグレス公演の度になんやかや会う機会があって。たぶん彼が努力して会うように工夫している感じですね。でも紳士的なんですよ。
お世話になっているんで、初日のチケットを送ったんです。今日会うなら、ますます送っておいて良かったってとこかな。」
「まじめな軍人サンって感じだもんね。」


・・・・・・・・


午前中はシェリルが単独で空に上がり、模擬空戦のプログラムをこなす。
ランカは地上から見学だ。
上空には4機のVF-25が上がっている。
交互に前後を取りあいながら、複雑な軌道を描くシェリル機と長道中尉機。
長道中尉のランカ塗装の機体が、シェリルの乗機を小突いているようにも見える。
「(あはは。空では私の方が一枚上? がんばれー私。がんばれーシェリルさん。)」
ランカは心の中でつぶやく。
2機が大きなループを描く。
シェリルを追いかける長道中尉の機体下面に、元気一杯といった雰囲気で大きくマーキングされた自分の顔が楽しげに輝いて見える。
「(あのペイントって、秀逸!)」


ランカはこの空き時間に、ハンガー脇のオープンテーブルでインタビューを受け、同時に取材撮影を済ませる事になっていた。


パラソルの下に広げられたテーブルで、ランカは女性記者からの質問を受ける。
サグレスの新統合軍ゲートキーパー基地は、乾燥した砂漠に立地する。
今日は晴天で、かつ気温も湿度も適当で快適だが、屋外の陽射しは少しきつめだ。

記者「バジュラ戦役の最後には何が起きたのでしょうか?」
ランカ「渦中にあった私達はとにかく、精一杯でした。 フィロンティアにもギャラクシーにもそれぞれの陰謀(?)が有って・・・。 
たくさんの人が亡くなりました、傷ついてしまった。 今でも思い出して足が震える事があります。
どうやって戦役を終える事ができたのか、私達にもよくわかりません。でも最悪は避けられたと考えるようにしています。」

記者「VFに関して何か思い出はありますか?」
ランカ「何度も助けてもらいました。実は兄が二人ともVFのパイロットなんです。
あと、当時好きだった人が、やはりこの機体(VF-25)のパイロットで。
フられちゃった? っていうか途中で私があきらめちゃった? みたいな感じで。」
記者「失恋?」
ランカ「そうですね。 ただ、学生だったし憧れみたいなものだったのかも…?
彼には好きな人がいて、その人も私の知り合いだったんですが、そばで見ていても両思いなのに…、境遇からお互い素直になれないって雰囲気でした。」
記者「それも思い出に?」
ランカ「ええ、二人とも素敵な人でした。今でもすてきな人達ですけど。」

記者「こんどの新曲は、どんなイメージで?」
ランカ「ちょっとアップテンポです。 私も大人になったので『恋はドッグファイト』の大人版かな。ステージで歌うのはサグレスが初めてになります。」

記者「最後に。何度も同じ質問かもしれませんが、シェリルさんを一言で。」
ランカ「大好きです。すっごく尊敬する先輩です。でも負けません。」

取材スタッフの撮影機材を押し込めた支援トレーラー車から、オープンマイクを通じて上空のシェリルの声が響く。 
『うまいパイロットはよけられるのよ! 追いつけるものならついていらっしゃい!!』
ランカと記者は顔を見合わせて笑った。


お昼休み。
シェリルとランカは、基地食堂で談笑している。
はた目にも山盛りのシェリルのランチプレート。
通りかかった年配のパイロットが、シェリルのプレートを見て声をかける。
「シェリルちゃん、よく食べるねー?」
「あら、ハリー。 前の訓練の時に、吐いてでも食べろって言ったのはあなたよ!」
「あははは、感心、感心。」
ヒラヒラと手を振り、彼は少し離れたテーブルの同僚の席に座る。

「みんな芸能人扱いしないんですね? ここ(基地)のスタッフは?」
「彼らのテリトリーだし、プライドなんかもあると思うわ。どちらにしても好ましいんじゃないかしら?  ああ、そうは言っても、フライトはなれないと気分悪くなるときもあるから、食事は制限したほうが良いかもしれないわよ?」
ランカが自身ありげに返す。
「大丈夫です! 私、乗り物酔いしたこと無いんです!」

シェリルは食事を終えると、トレーを下げながらランカに声をかける。
「さあ、お腹いっぱい。 1時間くらいトレーラーで寝てくるわ。ランカちゃんも休んでおいて。」
「ええ。基地の見学をしています。」


  ・・・・・・・・・・・・・


午後はシェリルの機体を復座に改装して、いよいよランカの機乗だ。
ランカはシェリルの操縦するVFに乗るのは始めてだ。
「あら、そう言えば私も後席に教官以外を乗せるのは初めてだわ。」
シェリルの一言とともに、機体は上空に舞い上がった。

初めてみるサグレス上空は、確かに惑星フロンティアとは違う。
「(やっぱり、1割くらい空も大地も大きいのかな?)」
シェリルが声をかける。
「少し操縦してみる?まっすぐ飛ぶだけなら簡単よ。」
「え? ええっ!」
「ユーハブ」
シェリルが操縦桿から手を離す。
とたんにランカの操縦桿に細かい振動とフライトインフォメーションが伝わる。
「『IP‐I/F(知能的受動インターフェース)』だから、だいたい考えた通りに飛ぶのよ。ゆっくり旋回して。」
「はい」緊張した声でランカが応える。
ランカが右上空をゆっくりと見ると、機体も右旋回し始めた。
操縦桿に空気の重さが伝わる。
「右足のペダルで増速するわ。」
じわっと踏み込むと、ランカの背後の2基の熱核タービンエンジンが出力を上げるのがわかる。

「(これが・・・、アルトくんやお兄ちゃん達が見ている世界?)」
しばしランカは翼と大気の感触を楽しむ。
シェリルはモニターに写るランカの表情を優しく見守る。

「さあ、後続が上がって来たわ!」
気がつけば、シェリルの機体を3機のVF-25が囲っている。
3機ともに機首と尾翼にランカのウィンクマークが付く。プリズマテックスの機体マークだ。
中央の長道中尉機には、例の大きなフライング・ランカが誇らしげに輝く。

長道中尉の声がマイクから響く。
「シェリルさん、プログラムは打ち合わせ通り5つです。進めますよ!」
「了解!」
操縦桿を握りなおしたシェリルが返事をする。

「ランカちゃん、舌を噛からおしゃべりはできないわよ?」
シェリルの言葉を合図に、4機は密集したダイアモンド・フォーメーション(ひし形の4機隊形)をとり、ファンブレイク(低空での右旋回)へと入る。シェリルの機体は、長道中尉機の後ろ、4番のポジションだ。先導するフライング・ランカの機体が輝いて見える。

4機でのダイアモンド・フォーメーションから、デルタ(三角翼隊形)へ編隊を組みなおし、垂直上昇へ。そして、反転し急降下、スモークを引きながら大きく散開する。
レインフォール!!
反転降下の瞬間に、自由落下のフワッとした瞬間と、続く強烈な加速G。
「(かなり派手なジェットコースター?)」後席でシートを握り締めるランカは、だが不安は感じない。
むしろ正確に長道中尉機に追従し、的確に散開するシェリルの操縦に安心感すら覚える。


「ひゅう~」短く歓声をあげると、シェリルがランカに告げる。
「次、チェンジオーバーターン! 先頭に出るわよ!」

再び編隊を組んだ4機は、トレイル(縦方向の追従編隊)から、デルタ状に散開。大きく脹らんだ4機はシェリルを中心に再び旋回しながら大きなデルタ編隊に戻る。

「このままワイルド・ツウ・デルタループ!」
間隔の大きなデルタ編隊が、シェリルを先頭に急上昇。
天空に大きなループを描き、密集したデルタ隊形に戻る。
ランカは並んで飛ぶ僚機のパイロットの笑顔がバイザー越しに見えた気がした。

加速するGをものともせずに、シェリルが短く叫ぶ。
「最後!ロリコン行くわよ!(ローリング・コンバット・ピッチ)」
「ロ、ロリコン?」ランカが目を白黒させる。
駆け抜ける4機は、濃密なサグレスの大気に、上昇、各個ロール。そして見事な編隊の散開を演じた。
長大な円弧を描ききり、残したスモーク痕が、夕方の碧さを増した大空にくっきりと残る。

やがて、サグレスの濃密な大気と、神々しいまでの夕日が輝き始める。


 ・・・・・・・・・・・・・・


着陸した4機は、機体チェックを終えて、整備に引き渡されるところだ。
身振りをまじえながら、先ほどのポッター大尉(階級章が見えた)と、長道中尉から、何ごとかレクチャーを受けるシェリル。 やがてにこやかに二人と握手をし、ランカの元へ戻ってきた。
ランカも二人のパイロットに会釈する。


「お疲れ様。」
「とっても楽しかったです。」
「ごめんね、彼らに聞いておきたいこともあったから。」

ランカが少しすまなさそうに話す。
「私、本当はもうパイロットの知り合いは欲しくないんです。
お兄ちゃん達も、アルト君もミシェル君も、みんなパイロットだから。 これ以上心配したくなくて。」
シェリルがハンガー(格納庫)に移動を始めた愛機を見送りながら応える。
「そうね、わかる。
でも彼らの日々の努力にもウソはないわ。 追い着こうと思ったこともあるけど・・・。 私は戦闘機乗りになりたいわけじゃないし、追い着けっこないわね。
 ギャラクシーボードみたいなものかしら。 私達もぱっと出のシロウトには負けられないもの。」


「シェリルさんは、なんで飛ぶんですか?」
「公式には戦役をきっかけに? 非公式には、アルトを困らせたいから、負けたくないから? 置いていかれるのがいやだから、彼と同じ空がみたいから、なんて・・・。 理由は一つじゃないわ。」
「そうですよね。」


「あっ・・・。」
後からあがった練習機だろうか。
3機編成が、夕空の紺碧の空にみごとなバーティカルキューピッドを描く。
揺らぐ事もなく、大きく射ぬかれたハートはいつまでも大空に輝く。
「きれい・・・。」

ランカは、夕日と大空のハートマークを見つめるシェリルの、こんなにも近くにいられる事が幸せだった。
アルトとシェリルの無事を思い、泣きはらしたのもそんなに昔の話ではない。
「(恋も歌も、私のハートも・・・アルトくんとシェリルさんにもらったんだ。)」
「風が無いのね。きれいな形のまま・・・。」

「違うかも知れない! シェリルさん。」
「え?」
「あのハートは風に負けない強さを持ってる、だからあのまま輝いているんです!」

「ふふ、そうね。」


ランカがシェリルに向き直る。
「ねっ!今日のお礼になにかご馳走させて下さい!
 食事くらいゆっくりできますよね?
 私のホテルのイタリアンが有名店らしくて。
 お昼のアボカド美味しかったじゃないですか? 
アボカドのドルチェとかもありました。」

「うふふ、了解。 お言葉に甘えるわ!もうお腹ぺこぺこで。」
「あんなに食べたのに?」
「いつの話~?」

サグレスの夕日が優しく二人を包み、上空から大きなバーティカルキューピッドが見守る。

Fin

スポンサーサイト



  1. 2012/01/21(土) 18:41:34|
  2. 作品(マクロス小説)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<拍手お返事(←てれくさいっす) | ホーム | オリンピアから>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikikix.blog.fc2.com/tb.php/9-2db6e9d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kikikix

Author:kikikix
アルトとシェリルでSF風ショートショートがメインです。
ちょこっとフイギュアとかに逃げる時があります。
SSは「~年表」が作品リストになってます。
フィギュアは?まあこういうのもフイギュアって言ってOK?

カテゴリ

未分類 (16)
日々 (1022)
アルシェリ年表(小説SSリスト) (5)
作品(マクロス小説) (121)
拍手返事 (33)
菓子箱バルキリー (22)
シェリルふいぎゅあとか立体系 (376)
いただきもの (14)
リンクフリーです!リンク集 (3)
お絵かき (21)
3周年! 薄い本大作戦 (72)
4周年! 紙人形と薄い本作戦 (51)
女子はいつ腐るか? (16)
けいおん!(りある (3)

最新記事

月別アーカイブ

くんたっしゅ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR