fc2ブログ

ううん酸

とりまシェリル・ノームのファンサイトです。うさんくさい?

5時起きで小説カキカキな僕・・・、家族が起きたのでやめよう。

さて、5時起きで清書してました。
明日つづき、あげちゃおう(「シェリル・ナイト」)

けっこう時間つくる工夫してるのよ~、ほめて~。
で、オマケ?
ちょっと前に書いて、カットしたとこ・・・
流れが変になるから削ったけど、まあなんとかこの程度の萌えを織り込もうと必死です・・・。ORZ



「早乙女大尉。彼女のオリンピアまでの護衛をお願いしたいのよ。」
アニー・ブライス大尉は、ひととおりの報告を受けたあとに早乙女アルトに言う。
ガイノスゲートキーパー基地の彼女の執務室だ。
大きな人員を抱えるわけでもない。訓練が主体の基地では、広報士官なんて言うのは、いわばナンでも屋だ。
アルトが、アニーからの"依頼"を受ける場面は少なくは無い。

だが・・・。
ちょっと待て。
あの事件からすでに三日がたつ。
ってことは、十日の休日がすでに七日まで短縮されている。
いや、すでに三日も待たされているのだ。
そろそろ上で待っている女王さまの限界だろ?

「ブライス大尉? 報告した救出作戦のために、休暇中にもかかわらず、衛星軌道からこちらに帰って来ました。」
アニーの目は笑っている。 それで?って声が聞こえそうだ。
ったく、わかってて言っている人はこれだから・・・。
「シェリルが待っています。 これ以上の命令は勘弁してもらえませんか。」

アニーが驚いた顔をつくって応じる。
「いやああん。シェリルが待ってるの?なんだか羨ましいわあ。」
「言わせたくせに。」ため息をつく。
アニーは笑顔のままだ。
「まあまあ。でもルーリイと上がるのがたぶん一番早くオリンピアに到着出来ると思うのよ?いろいろ優先できるし。」
ブライス大尉が満面の笑みを浮かべる。
「ねっ。」
アルトはもう一度ため息をつく。
どうにも言いくるめられた様だった。





スポンサーサイト



  1. 2014/08/30(土) 06:54:58|
  2. 日々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<24時間TVやってるね。やっぱりTシャツ買うかなあ・・・、今日はデスプレイに関して。 | ホーム | なんとなくほぼ毎日更新・・・、よって中身がないという白状?(日記)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikikix.blog.fc2.com/tb.php/868-67a67d8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kikikix

Author:kikikix
アルトとシェリルでSF風ショートショートがメインです。
ちょこっとフイギュアとかに逃げる時があります。
SSは「~年表」が作品リストになってます。
フィギュアは?まあこういうのもフイギュアって言ってOK?

カテゴリ

未分類 (18)
日々 (1087)
アルシェリ年表(小説SSリスト) (5)
作品(マクロス小説) (121)
拍手返事 (34)
菓子箱バルキリー (22)
シェリルふいぎゅあとか立体系 (392)
いただきもの (14)
リンクフリーです!リンク集 (3)
お絵かき (21)
3周年! 薄い本大作戦 (72)
4周年! 紙人形と薄い本作戦 (51)
女子はいつ腐るか? (16)
けいおん!(りある (3)

最新記事

月別アーカイブ

くんたっしゅ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR