FC2ブログ

ううん酸

とりまシェリル・ノームのファンサイトです。うさんくさい?

シェリル・ナイト3

このへんの続きです。
シェリル・ナイト1
シェリル・ナイト2

まだまだプロローグですねん。

よろしければ⇒
シェリル・ナイト3






「確かなの?」
「ええ。救助要請は早乙女大尉の乗用車から。そしてオート・メッセージですが、ドライバーはシェリル・ノーム本人であると言っています。」
緊急車である証の回転灯をまたたかせて、軍の公用セダンが走る。
運転するのは、部下の一人だった。

連絡が入るのとほぼ同時に、宿舎に迎えに来た。
もともと待機命令中の一時帰宅だったから、アニー・ブライス大尉はすぐにその車に乗り込んだのだ。
夫のギルが帰宅済みだったから、娘の心配をしなくても良いのが幸いだった。

「シェリルは・・・いえ、シェリルさんは一人?」
助手席から、アニーが部下に聞く。

「はい。すでにスクランブルしたソードダンサー2と3が到着していますが、早乙女大尉を現地で見つける事は出来ていません。現場にはいらっしゃらなかった様です。」
「そう・・・。 で、彼女は無事なのね?」
「はい。」
返事を聞いてアニーは安堵する。

「(・・・。)」
まずは一安心だ。彼女になにかがあれば、早乙女大尉が黙ってはいない。
あるいは、それこそ銀河中のファンからも殺されてしまう。

車外を流れる景色の先に、目的の工場地帯が見えて来る。
「(とにかく、シェリルが無事で良かった。 ・・・早乙女大尉はああ見えて生存スキルは高い。無事でいてくれるはず。)」

禍々しく、軍と警察車両が発するさまざまな光の中心に向かい、セダンは進んだ。




ひざまずき、両手をあげた姿勢のまま、活動停止したガウォーク。
その背中には、見慣れた2ドアのラリーカーが鎮座する・・・。
ったく、どんなアクション・シーンの後なら、こんなふうになるのやら。
旧型のナイトメア・・・、どこから持ち出したの?
パイロットはまんまと逃走したみたい。

VFを見上げていたアニーは、すぐに聞き慣れた声を耳にする。
落ち着いた会話だ。


その放棄されたナイトメアから少し離れた場所で、見慣れたストロベリー・ブロンドの女性が警察官と話している。
このスポットライトのような投光のなかで、その髪は眩いばかりだ。
警察官の方がガチガチに緊張しているのがはた目にも分かる。

ふっ・・・ったく、たいしたものね。
「ははっ、やっぱりあなたは最高ね。シェリル!」
警官との会話が途切れるのを待って、シェリルに話しかけた言葉は、アニーの悪気のない本音だった。


簡易毛布を肩に、警察官の聴取を終えたシェリルが振り返る。

アニー・ブライス大尉。
顔なじみの基地広報大尉。
アルトの同僚で、彼女の夫のギルは、やはりパイロットだ。
夫婦には、一人娘のリラがいる。

笑顔で迎える。
「あらっ・・・、こんばんはアニー。 ちょっと来るのが遅いわよ。」

アニーの後方にシェリルの視線が泳ぐ。
彼女に続く、軍関係者は居なかったし、シェリルが探す人も居ない。

「大丈夫だった?」
アニーが問うと、シェリルが応えた。
「ええ、もちろん。 でっ?アルトは駆け付けてくれないのかしら。 まったくあいつったら!なめられたものね。」

「シェリル・・・。」
アニーの顔が文字通り曇る。
「何?」
シェリルが問い返した。






「大丈夫か?」
「・・・うん。」
荒い息で、ちいさい汗をにじませながら少女が応える。
起き上がろうとする動作すらみせる。
「こらっ。ちゃんと横になっていろ。さっき飲んだ薬もじきに効いて来る。」
毛布代わりの自分のジャケットを彼女の肩に掛け直してやる。
ソファなどではない、荒いつくりの簡易ベンチだ。
もうすこしちゃんとした場所で横にしてやりたいのだが。
夏とは言えこの惑星の夜は冷える。
ここが地下空間だからまだ耐えられるのか。
発光体の薄い明かりが薄ら寒く感じさせる原因なのか。

この予備室に備え付けられた、サバイバルボックスの貧弱な装備では心ともない。


薬・・・。
隠すように大事にしまわれていた薬。
この子のポーチから見つけた薬包のデザインとパッケージをみて、一瞬凍り付いた。

症状は、周期的な目眩や発汗、嘔吐感を伴う頭痛。



そう、アルトにとっては、あの戦いの最悪の時期に見慣れた組み合わせと一緒だった。

少女の額に汗がにじむ。
濡らしたタオルで、その額を小さく押さえてやる。
ありがと・・・、アルトを見上げて少女がそんな笑顔を見せる。

「大丈夫だ。ちゃんと休めば熱も引く。明日になれば、パパとママに連絡できるところまで行ける。」
「ありがと。」
少女は、今度は小さく、だがちゃんと言葉にして返す。
アルトもほほ笑み返す。

「大丈夫だよ・・・。だから、おやすみ。」



・・・V型感染症。
よりによって、この惑星(ほし)で、もう一度目にするなんて・・・。





つづく!




と・・・いなあ~。
スポンサーサイト



  1. 2014/03/05(水) 23:40:34|
  2. 作品(マクロス小説)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<たまにはお仕事系日記・・・特命健康係長のお仕事? | ホーム | セーラー服が来た2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikikix.blog.fc2.com/tb.php/736-a6e3c7a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kikikix

Author:kikikix
アルトとシェリルでSF風ショートショートがメインです。
ちょこっとフイギュアとかに逃げる時があります。
SSは「~年表」が作品リストになってます。
フィギュアは?まあこういうのもフイギュアって言ってOK?

カテゴリ

未分類 (16)
日々 (1027)
アルシェリ年表(小説SSリスト) (5)
作品(マクロス小説) (121)
拍手返事 (33)
菓子箱バルキリー (22)
シェリルふいぎゅあとか立体系 (376)
いただきもの (14)
リンクフリーです!リンク集 (3)
お絵かき (21)
3周年! 薄い本大作戦 (72)
4周年! 紙人形と薄い本作戦 (51)
女子はいつ腐るか? (16)
けいおん!(りある (3)

最新記事

月別アーカイブ

くんたっしゅ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR