FC2ブログ

ううん酸

とりまシェリル・ノームのファンサイトです。うさんくさい?

冬季五輪にからめて冬の思い出(日記)

冬季五輪だね。ソチ。
ワタクシ、世代的にウインタースポーツ世代(そんなのあるのか?)です。
スキー、スノボくらいはたしなみのひとつ、「できないの?」自転車乗れないのと同じくらい恥ずかしいーーーって時代でした。

で、何を血迷ったか、当時のワタクシは必要以上に取り組んじゃってて・・・、
ワタクシ、当時はノルディツクの選手でした。
キング・オブ・スキーの双子の兄貴がわたしと同名です。 「がんばれ○○!」って横断幕がはってあって大応援団がいるんだけど、当然、僕のことは誰も応援してくれません。
「(おいおい、オレも○○だぞ!!)」って思いながら、走り抜けてました。
まあ彼は複合、ワタシは純ランでしたけど(純ランナーのこと、ランナーしか出来ない人ね)。

11月ゴロから雪を求めて、北海道の大雪とかに行きます。
すると日本中の選手が集まってくるんですね。合宿できる場所がまだないから。
で、学生が昼間に走り終えると、夕方になにやら雰囲気の違うレーシングワンピの一団がやってきます。
黒ベースのスーツと、簡素なナップザック、腰にはバッテリーケース?頭には大きなヘッドランプ、スーツに入ったプリントには、「冬戦教」の文字・・・。

なんだと思います?宗教?
いえいえ、これは「冬季戦術教育団」。
じえい隊のチームです。
これが凄いんだ。まっくらになる大雪山系のコースに隊列を組んで走り始める一隊。
黒い山すそに、軍用(?)ヘッドランプの強烈な明かりが煌煌と光り、まるでポーラ・エクスプレスばりに森の中を走っていきます。

「すげええ・・・」なんてかたづけて、帰りのバスを待ちながらほうけて見てました。
まあ今でもそんな学生だとか、社会人ががんばっているからオリンピックなんかのクオリティが維持されているんだろうなあなんて、いっぱいいる有名選手以外の努力をテレビ画面に感じます。
裾野があるから、トップとかエリートがあるんですよ。

そういう意味ではトップ選手の周りで練習だけに終始する人たちも重要です。
そういう人たちが競技を支えているんだもの。
もちろん応援してくれる人たちも。


ああ、同人と同じだわ。

・・・と、オタ的ないい話に無理やりおさめておやすみなさい!
今日は女子ジャンプ!?



スポンサーサイト



  1. 2014/02/11(火) 23:23:23|
  2. 日々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今日は19話? | ホーム | シェリル・ナイト   ・・・ってアレジャン、もとねた。とりあえずプロローグ的ななにか。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikikix.blog.fc2.com/tb.php/716-2f2467fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kikikix

Author:kikikix
アルトとシェリルでSF風ショートショートがメインです。
ちょこっとフイギュアとかに逃げる時があります。
SSは「~年表」が作品リストになってます。
フィギュアは?まあこういうのもフイギュアって言ってOK?

カテゴリ

未分類 (16)
日々 (1028)
アルシェリ年表(小説SSリスト) (5)
作品(マクロス小説) (121)
拍手返事 (33)
菓子箱バルキリー (22)
シェリルふいぎゅあとか立体系 (376)
いただきもの (14)
リンクフリーです!リンク集 (3)
お絵かき (21)
3周年! 薄い本大作戦 (72)
4周年! 紙人形と薄い本作戦 (51)
女子はいつ腐るか? (16)
けいおん!(りある (3)

最新記事

月別アーカイブ

くんたっしゅ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR