FC2ブログ

ううん酸

とりまシェリル・ノームのファンサイトです。うさんくさい?

ガイノス降下作戦(ミリタリーSFもどき)前編

ええと、別冊フレンドを立ち読みする勇気を得るために激しく酔っ払ったKIです。(単行本買うから勘弁!)
で、あれってさよつばの続きなの?

それと本題。ひさびさにSSうp。
でも前編だけ。
続きも書いたよ、今日の電車で。けどうpするには酔っ払いなんで・・・。あっ、別のがうpしそう・・・(←ばか)。
タイトル通り、ミリタリーSFもどきです。
最後までアルトしか出てきません。
いやはや読みたい人いるのかなあ・・・。けど、書いてて楽しいからいいや。
続きを楽しみにしてくれる人は週末までにうpするから、待ってて!!




ガイノス降下作戦


「大気圏突入用EXギア?」
「ああ、まだ試作品の域を出ないが、兵装規格は先日合格している。 今回の作戦に供出できるのは3セットだけだ。 予備体はまだあるが、十分なステルス機能と光学迷彩装備を準備できるのは3体が限界だった。」
アルトの質問に技術大尉が答える。
ここはガイノス衛星軌道上にある新統合軍基地だ。

目の前のハンガーにぶら下がるそれは、たしかにEXギアの姿だ。
だが、単独での大気圏突入を可能とするために? 
全体でみるとすでにVFのコクピットに納まるサイズではない。
丸いフォルム、特に頭部のデザインは流線型を描き、通常のパイロット装備と大きく違う。
(「突入する筋肉質のスモウ・レスラーか? 地上から打ち上げる訳じゃないから、再突入とも言えないしな・・・。」)

惑星近傍での作戦において、被弾し大気圏に落下したVFの場合、まずパイロットの命は助からない。
超高速での落下は、機体によって押しのけられる惑星大気により、断熱圧縮が起こり、表面温度が1500度以上ともなる。
最新VFと言えども、エネルギー転換装甲とピンポイントバリアーの併用が欠かせない状況であり、ましてや破損した機体では姿勢維持もままならない。
バラバラになって燃え尽きるのがオチだ。

アルトも一度だけ、戦闘で疲弊した機体で大気圏突入を果たした事がある。
あの時も鳴り止まぬアラームと格闘した。
暴れる機体を制御し、なんとか成層圏を抜けたが、機体は地上に無事に降ろせる状態ではなく、結局投棄せざるを得なかった。


いかにも技術畑の、戦場に出た事など無いといわんばかりの大尉が説明を続ける。
「もう少し開発が進んで、コンパクトになれば、緊急脱出したパイロットでも、大気圏への帰還が可能になるってわけさ。」


・・・・・・・・・・・・・・・


ガイノス4で誘拐事件があったのは2日前。
11歳の行政府職員の娘がさらわれた。偶発的なものか計画的なものか判然としない。
誘拐犯は4人。いずれも星系外から流れてきたグループだ。
追い詰められた犯罪者グループにしては、持ち込んだ武装はかなりの量があり、組織的な背景の関与も疑われる。
4人の内、2名は旧ギャラクシー船団の出身だ。

そして休暇をオリンピアで過ごす予定で、衛星軌道に上がったアルトが足止めを受けたのは3時間前。



作戦の概要を先ほどの大尉が続ける。

「犯人は4人。いずれも銃火器で武装。 自動小銃以外にも爆発物の存在が確認されている。
中緯度地方の森林地帯で、民間山荘に立てこもっている。
半径3kmに自前の小型の巡回ドローンを泳がせている。 安物だな、誰彼かまわずにレーザーをぶっ放す危ない奴だ。おおよそ20機。ちょっとシロウトの物量じゃあない。
ドローンはドーナツ状に周回。逆に山荘周辺100mには近寄らない。たぶん敵味方識別ができないタイプだからだろう。犯人自身がやばい? 以上は衛星高度から確認済み。
同時に熱源確認で、人質の少女は1階の客室に閉じ込められていることも確認済み。
3人の犯人は位置特定が可能だが、一人だけセルフ・マスキングができる様だ。
これも推測だが、旧ギャラクシーの残存技術だろうな。ボディ(擬体)の熱源をシャットダウンできるのかも。」
「要求は?」
「星系外への逃亡と宇宙船だが、いまどきの要求としては陳腐だ。やぶれかぶれか、何か別の目的があるのかもしれない。」
大尉は作戦の立案までは関わっていなのだろう、説明もたどたどしい。
「したがって、中尉には彼らの警戒域の内側に滑り込んでもらい、そのまま突入。人質の救出に当たって欲しい。」
「わざわざ衛星高度から?」
「人質の問題もあるが、場末の犯罪者集団にしては装備が充実している。航空機や地上車両の近接感知装置(レーダーのような)も持っている。 ここまではすべての接近で『人質を殺害する』で警告されている。」
「突入を急ぐ理由は?人質の安全が確保できない可能性がある。」
「少女の持病の問題がある。あと14時間以内の投薬が必要だ。」
アルトは少し困った顔をする。

「あと最後に。 降下指揮をとるのがSMS所属の自分である理由は?」
「人材不足でね。EXギアのプロフェッショナルで、実戦経験があり、要人警護、人質救出作戦スキルを持ち、かつ10時間以内に召集できるのは中尉しか該当がなかった。」

アルトは静かに応えた。
「了解。命令を受領する。作戦で降下する人間は?」
「オリンピア新統合軍海兵隊員が二名。ラン・ファ曹長、東洋系の女性だ。武装に関する造詣がある。 ペータ・バウアー軍曹、EXギア降下のテスト経験者でもある。 あとは、EXギア内に最新の戦術支援擬似AIが搭載されている。
愛称は『バト』だ。 コロンブ・コ社の人工知能もどきだ。」

「ふむ・・・、心強いな。メンバーに引き合わせてくれ。」
「中尉、すまんな。休暇前だってのに。」
「かまわんさ、せいぜい半日仕事だ。」
アルトが応えた。



急編成された、アルトと二人の海兵隊員のチームを乗せて、兵員輸送船は降下開始地点へと向かう。
衛星高度から、地上目標数メートルへのピンポイント降下だ。
いい加減な精度で出来ることではない。正確な降下タイミングの特定が必要だった。

オリンピア海兵隊装備と大気圏突入用EXギアに身を包み、チームは静かに輸送船が進むのを待つ。

「隊長のイヤリングは御守りですか?」
30代前半か?アルトよりも年配のペータ・バウアー軍曹がEXギアのコムリンクから言う。
突入用ヘルメットを装着する前に、アルトはいつもどおり左耳にイヤリングを付けた、そのことを言っているのだろう。

「そんなようなものだ。」アルトが答える。
「はは、女性物ですね。 私なんぞは、女房からちょっと摘んだ『ちぢれ毛』をね。」
軍曹が自分の胸のあたりを指し示しながら言う。

「また古臭い・・・。」ラン・ファ曹長が呟いた。
「人の御守りをからかうと、たたられますぜ、曹長!」
「別にからかっちゃ無いさ。私のだってかなり古臭い、年季もののウサギの脚だ。
地球時代から受継がれてるヤツだから、御利益バッチリだがな。退役する先輩マリーン(海兵隊員)から譲り受けた。」
アルトも会話に入る。
「へええ、帰ったら見せてよ。曹長」
「いいですよ。」
「俺のも見ますか?」ペータの目は笑っていた。
「はは、遠慮しておこう。」アルトも笑いながら答えた。

その時、機長のアナウンスが会話に割って入る。
「目標ポイントまであと5分です。 後部エアロックを開けます。」
わずかに残った空気が、埃と、水分とともに吸い出された。

高度120kmから見渡す惑星ガイノス4は、とてつもなく大きかった
夜明けの陽射しで、薄い大気圏の膜が見えるようだ。
「軍曹はこいつ(大気圏突入用EXギア)でのダイブ経験が有るんだよな?」アルトが眼下に広がる世界を見渡しながら言う。
「ええ、なかなかエクスタシーですよ、生身でのダイブは。 卵子に潜り込んでゆく精子のイメージですかね。 薄膜を突き破り、抵抗をあらがって、奥へ奥へって。」
「なるほど。」

そして、スーツから『バト』の声が割って入る。
本体は各個別々に装備された戦術コンピューターだが、チーム全体に話しかけるようなアクセスがなされる。
「降下カウントダウンします。 10秒前、・・・ 5、4、3、2、1、ゴー!!」
「行くぞ!」
「ヤーっっ!!」、「イエッスサー!」各々が気勢を発する。

アルトの号令に従い(正確には『バト』のリリース操作によるが)、三人は惑星ガイノス4の大気圏に飛び込んでいった。




「(なるほど、まさに大気とはある種の膜だ。)」
携帯型ジェネレーターが作り出すピンポイントバリアー越しに見える大気は、何度も打寄せる波の様なショックを繰り返す。
丸まった状態で、安全のための姿勢ロックが成されてはいても、時に暴力的な衝撃の連続は、手足がもぎ取られるかの様な恐怖を覚える。
その時間は、ほぼ15分程だった。
成す術もない胎児の様な姿勢ではあったが、アルトは、彼を包みこむ様に立ち上がり、迫り来る惑星地表を見つめ続けた。

「(御守りに愛しい人の毛か。 今度、頼んでみるかな・・・。)」
シェリルの反応を想像し、彼の口元が少し緩んだ。


周囲の高温プラズマが薄れると、再び冷たい大気がアルト達を急激に冷やし始める。
いよいよ本番だ。
EXギアの翼がゆっくりと展開し、風の感触を伝え始めた。


続く!!


書いたよん→<突撃編>
スポンサーサイト



  1. 2012/03/22(木) 23:08:53|
  2. 作品(マクロス小説)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<銃撃戦が長引いてます、うpまだ。でも象が出てきた! | ホーム | なんか気分晴れないーい!!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikikix.blog.fc2.com/tb.php/70-879f7b5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kikikix

Author:kikikix
アルトとシェリルでSF風ショートショートがメインです。
ちょこっとフイギュアとかに逃げる時があります。
SSは「~年表」が作品リストになってます。
フィギュアは?まあこういうのもフイギュアって言ってOK?

カテゴリ

未分類 (16)
日々 (1031)
アルシェリ年表(小説SSリスト) (5)
作品(マクロス小説) (121)
拍手返事 (33)
菓子箱バルキリー (22)
シェリルふいぎゅあとか立体系 (376)
いただきもの (14)
リンクフリーです!リンク集 (3)
お絵かき (21)
3周年! 薄い本大作戦 (72)
4周年! 紙人形と薄い本作戦 (51)
女子はいつ腐るか? (16)
けいおん!(りある (3)

最新記事

月別アーカイブ

くんたっしゅ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR