FC2ブログ

ううん酸

とりまシェリル・ノームのファンサイトです。うさんくさい?

<決戦前夜>エピローグ

まあ、今日の気分にわりと近いのかもしれない。
そう、それでも幸せはここにあったのだ!
そんなわけで2013年はやっぱり僕はこれにがんばったんだって、しめくくり。
マリとコピー・グレイスの物語・・・エピローグです。


エピローグ・・・

気が付くとあたしは病院のベッドだった。
記録では、フロンティアの降下決戦で被災負傷。 ・・・で、トリアージを受けて、軍病院で人工冬眠処置。
眠っている間に、ナノドクター(分子治療機)が完璧に修復してくれから、目が覚めれば、気が抜けるくらいさわやかだった。
だから、ぱっちり目を覚ましたアタシの前にパパとママがいて、しかもママが大粒涙で泣き出したのには、ちょっと参った。

本物のドクターが来て、目をのぞかれて、聴診だとか、気分はどうですか?とか古典的な問診があって、その後にハイテクな診断機器にかかったわ。


・・・で、もちろんその間に、あたしはグレイスに呼び掛けた。
「グレイス? グレイス、いるの?」
呼び掛けても返事はしてくれなかった。
もういないのかもって・・・。



あたしがそんなだった頃。 
その頃には、もうフロンティアが新惑星に降り立って、一か月が過ぎようとしていた。

目覚めてから、もう二週間を奇跡的に被害のなかった田舎の農園、アイランド12で過ごして、あたしはまたアイランド・ワンに戻った。

真面目に仕事探さなきゃ・・・ってさ。

アイランド・ワンのあたしが住んでいたアパートは跡形も無くなっていた。
市役所に被災の手続きに行って、ついでに勧められた遺失物の検索サービスを利用した。そしたら辛うじてお気に入りのカバの文鎮が見つかった。
青い古代のカバの置物(動物よ?知ってるかな?)、耳が欠けてる。
だから所有者申請だけしておいた。
窓口の人が言うには、問題がなければ、2週間くらいで確認、返却してくれるって。

あとは仮設住宅の申し込み。
結局割り振られた小さい独身者用ワンルームに収まったのは夕方になってからだった。

・・・。
そうして、その夜に。
再登録したあたしのアドレスにメールが来た。
文面は、「"ホテルオリンピア2402で"」
シェリルの部屋の真下。24階のあのスウイートだ…。
一人で薄い毛布にくるまって、あたしは何故かボロボロ涙ぐんでいた。


それは、復興に向かい人々が立ち上がった頃。
ランカちゃんがまだ一人でフロンティアを支える歌姫を務め。
傷付いたシェリルが目覚める前で。
そして捕らわれた方のオリジナルグレイスも半壊のまま、まだ軍の施設にいて、
シェリルの彼氏と、ブレラは行方不明のままだった頃。

あたしが受け取ったそのメールの送信者には、グレイス・ゴドヌワの署名があったのだ。




再び・・・終わり

スポンサーサイト



  1. 2013/12/27(金) 01:26:56|
  2. 作品(マクロス小説)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<シェリル救出作戦?(紙フィギュアですが何か・・・ | ホーム | 今日はクリスマスだが家族行事は特にない・・・(日記)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikikix.blog.fc2.com/tb.php/671-cf40c748
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kikikix

Author:kikikix
アルトとシェリルでSF風ショートショートがメインです。
ちょこっとフイギュアとかに逃げる時があります。
SSは「~年表」が作品リストになってます。
フィギュアは?まあこういうのもフイギュアって言ってOK?

カテゴリ

未分類 (16)
日々 (1031)
アルシェリ年表(小説SSリスト) (5)
作品(マクロス小説) (121)
拍手返事 (33)
菓子箱バルキリー (22)
シェリルふいぎゅあとか立体系 (376)
いただきもの (14)
リンクフリーです!リンク集 (3)
お絵かき (21)
3周年! 薄い本大作戦 (72)
4周年! 紙人形と薄い本作戦 (51)
女子はいつ腐るか? (16)
けいおん!(りある (3)

最新記事

月別アーカイブ

くんたっしゅ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR