FC2ブログ

ううん酸

とりまシェリル・ノームのファンサイトです。うさんくさい?

うううむむむ。。。ネタが冴えない、もう少し、いやかなり少し?

えとですね。
シェリルとアルトで、大人トークなえっちいの大好きです。 お互いに、からかい合ってるみたいなケース。
売り言葉に買い言葉で、エスカレートして・・・みたいな雰囲気。

ううう、考えてるんですけどねー、出てこない・・・。
「あら?考えてりゃあでてくるの、KIさん。」
そうです、日々アンテナを立ててると、出るときもアル・・・。
これボツです。
もっと面白く出来ると思ったけど・・・、あかんかった。

シェリルがテイク中に、「ちょっと!これ、面白くないわ!」って言ったからボツです。・・・ORZ
にらまれちゃった・・・、スミマセン、シェリルさん。
もっとおもしろい脚本(ホン)書きます・・・・。













「この会議も何回目かしら。商売になってるの?」
「ええ。カウンセラー契約もあと3回。もう少し付き合ってくださいね。」

「ふーん。あと・・・なぜかギャラリーも増えてるけど?」
講堂のような階段会議室。 研究者やら、スーツ姿の男女などが、おもいおもいの席に座っている。

「それはやはり、『銀河の妖精』に、一目お会いして、その感性に触れたいと。」
「・・・。」
「ここに上がるまでの社内コンペも、最近はかなり提案が増えていて、経営としては確かな手応えというところです。」

「はいはい、で。 今日は、次のプレゼンで最後ね?」
「ええ。では、LAIテキスタイル社の開発部からです。」


若い営業風の男性が立ち上がった。
「こっ、光栄です!えっと、きょっ、今日のー・・・・ 」

緊張感みなぎる彼の商品説明からは、クーパー靭帯、胸筋、下垂、美容などの言葉が続く。
サンプル下着とマネキンを使う。
様は、きれいなバストを保つには、動かしちゃいけない。 支えている靭帯が切れるのがいけないということらしい。


「・・・  ~ゆえに、揺れは女性にとって大敵です。 ですので、このブラは積極的にそこに介入します。
ノイズ・キャンセリングってヘッドフォン技術ありますよね? ノイズに対して反対の波長の音をぶつけて、ノイズ軽減を図り、高音質も保つ。 このブラも基本的には同じ事をします。
揺れに対して、反対方向から3Dで押し返す。 揺れようとするのをやさしく包んで動かさないのです!」



「・・・(もみかえすの?)」
「・・・(もむのか?)」




「 ・・・・・、以上です。」
大汗をかきながら、青年のプレゼンが終わる。


あっけにとられていたシェリルが、ため息とともにつぶやく・・・。
「ええと・・・、ルカ? 需要はあるかもしれないけど、よけいなお世話ね。」
「それだけですか?」

「具体的すぎて面白くもなんともないわ。 最新技術がてんこ盛りなのはわかるけど。 技術に頼り過ぎよ。
だいいち揺れた方が魅力的でなくて?」

「・・・ごもっとも。」







おわり・・・

ってかさあ・・・・、シェリルで揺れないおっぱいじゃあSSは書けないよ。最初に気づけよ自分。

そんなわけで、明日以降も宿題かかえてヘンタイおやじ・・・が行く。


スポンサーサイト



  1. 2013/09/18(水) 21:48:37|
  2. 作品(マクロス小説)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<あっ、昨日の「天使の手ぶら」に拍手・・・こら、バキバキっ! | ホーム | さりげなく仕事のはなし?ネタではないよ。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikikix.blog.fc2.com/tb.php/580-a8420428
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kikikix

Author:kikikix
アルトとシェリルでSF風ショートショートがメインです。
ちょこっとフイギュアとかに逃げる時があります。
SSは「~年表」が作品リストになってます。
フィギュアは?まあこういうのもフイギュアって言ってOK?

カテゴリ

未分類 (16)
日々 (1028)
アルシェリ年表(小説SSリスト) (5)
作品(マクロス小説) (121)
拍手返事 (33)
菓子箱バルキリー (22)
シェリルふいぎゅあとか立体系 (376)
いただきもの (14)
リンクフリーです!リンク集 (3)
お絵かき (21)
3周年! 薄い本大作戦 (72)
4周年! 紙人形と薄い本作戦 (51)
女子はいつ腐るか? (16)
けいおん!(りある (3)

最新記事

月別アーカイブ

くんたっしゅ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR