FC2ブログ

ううん酸

とりまシェリル・ノームのファンサイトです。うさんくさい?

お見舞いねたうp

朝もはよから更新、更新。
土日は娘と22時には寝てしまうので、必然?早起きです。

さて、お見舞い篇、糖度なし?というよりしっとり系?です。
手法は、前に書いた思い出系アルトと銃と同じでしょうか。さよつば補完かな。
これもKさんとこ行って、戻ってきた?話。拍手やりとりって重要!

さて、また次書くのがなくなったけど、ネタ切れ発言は控えます。1週間くらい書くのが思いつかなかったら相談する。
しばらくばるきりーで更新できるかも?だし。 




オリンピアの病院にて


「何だ、たいした怪我じゃないんだ? ミシェルくんから入院したって聞いたから。」

通話先のランカの声はちょっと不満げだ。
彼女からの電話に、丁寧に答えたらこの言い方だ(笑)。
アルトは、オリンピア市内の軍総合病院に入院していた。
サジタリウスアームでの演習が終わってから、旧友のミシェルと食事をしたが、そのあたりから胸に違和感を感じていた。
結局、医者に掛かったのはオリンピアに帰ってからだが、肋骨の疲労骨折と診断された。
心配していたミシェルに、全治2日、検査を兼ねて3日の入院だと昨晩メールしたばかりだ。

「相変わらずお節介やきだな。」アルトがひとりごちた。
「でも、お節介な人も大切だよ、アルトくん!」ランカがアルトの独り言に答える。

「アルトくんが前に入院した時に、シェリルさんがお見舞いに駆付けたのだって、私が言ってあげたからなんだからね。」
アルトは一瞬なんの事か判らない。
「ああ、バジュラとの大規模戦で俺が負傷した時か。そうだったのか?」

「そうよ。 感謝してよ。 今だってシェリルさんどうせ毎日来てるんでしょ?」
「毎日ったって、明日には退院だがな。」
「とにかく自分を大事にして。シェリルさんにもあんまり心配させないで!」
「ああ。わかった。電話ありがとうな。」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


あの日、確かにシェリルにアルトの負傷を伝えたのはランカだった。
デビューしたてで何もかもが忙しい頃。
そして、フロンティアはバシュラ襲来の対応に追われていた頃。
それでも日々の生活はどんどん廻る。

収録の放送局で兄オズマから連絡を受けたのは、スタジオからスタジオへの移動の合間だった。
「アルトくんが怪我?」
「ああ、打撲と、裂傷、骨折だ。まあたいした事は無い。
一応伝えておこうと思ってな。 そうそう、見舞いなんて行かなくてもいいぞ。パイロットの怪我なんていちいち見舞ってたら切りがない。」
「そんなこと言って! 病院はどこなの?」
「軍の総合病院だ。」

そんな会話の最中に、シェリルとすれ違ったのだ。
スタジオからスタジオへと、走る様に移動させられていたランカは、打ち合わせだろうか?私服のシェリルと廊下ですれ違う。
「あ、シェリルさん! アルトくんが怪我したって、お兄ちゃんから連絡が! 後でお見舞いに・・・、」ランカはエルモに引っ張られる様に角を曲がり、シェリルの視界から消える。
ランカも、シェリルがブレラに何事か問い直している姿を、ちらりと目の隅に納めるのが精一杯だった。

だから、やっと収録が終わり、エルモに無理矢理2時間の空き時間をつくってもらった後にも、局でシェリルを探す事はしなかった。
心配はしているだろうけど、忙しい彼女が、そんな時間を作れるとは思わなかったのだ。なによりアルトの傷はひどくないと聞いているのだから。
久し振りにアルトくんと二人の時間が作れるかも!なんてことも少しは考えたのだ。

だから、探し当てた病院の屋上で、アルトに寄り添うシェリルをみた時、必要以上にうろたえた。
「(何でこの人がここにいるの?)」

その直後に、いまいましい事件が三人を巻込み、それ以上考えている時間は無かった。



シェリルがその時のことを、後でランカに話してくれた事がある。
放送局でランカとすれ違った後、シェリルはブレラに、もの凄い勢いで問いただしたらしい。
「何で何も言わないの!」
「やつは戦闘で撃墜された。生命反応は確認できたから後はSMSに任せて来た。」にべもなくブレラが言い放つ。

「ブレラのいつもの言い方だけど、私ったら、すっごく焦っちゃって。 もうアルトが死んじゃてるかも?って、思ったの。
だって撃墜よ! だから、私もブレラに言ってやったわ、『あとは任せた!』って。 それですぐに病院に走ったのよ。」



そして混乱の中、アルトが退院してから、ランカは気が付いたのだ。
「ああ、この人達は両思いなのだ・・・」と。
そう気が付いてから、二人の行動はランカには分かりやす過ぎた。
だって二人とも何を隠す必要がある?なのに・・・。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「ふう・・・」ため息をつくと、ランカはもう何年も使っている擬似生体携帯(すでに初代からは4世代目くらい?になるかな)をテーブルに置く。
「(まあ御縁よ、ご縁。何でもね。 応援している人いっぱいいるんだから。早くして欲しいわ。)」

「あっ!今度のオリンピアの収録でシェリルさんに会おう! メール、メール。」
ランカは楽しげに、再び手に取った、おおさんしょうお4Sにメールを打ち込む。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



「あ、ランカちゃんからメールだ。 あはっ、今度遊びに来るって!」
「よかったな。ところで、りんごをむくのはやはり俺の仕事か?」
「つまんないこと言わないの!」


FIN

スポンサーサイト



  1. 2012/02/12(日) 06:42:47|
  2. 作品(マクロス小説)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<しかし拍手返事は重要と思う! | ホーム | ばるきりーの作り方>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikikix.blog.fc2.com/tb.php/33-db7eda59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kikikix

Author:kikikix
アルトとシェリルでSF風ショートショートがメインです。
ちょこっとフイギュアとかに逃げる時があります。
SSは「~年表」が作品リストになってます。
フィギュアは?まあこういうのもフイギュアって言ってOK?

カテゴリ

未分類 (16)
日々 (1022)
アルシェリ年表(小説SSリスト) (5)
作品(マクロス小説) (121)
拍手返事 (33)
菓子箱バルキリー (22)
シェリルふいぎゅあとか立体系 (376)
いただきもの (14)
リンクフリーです!リンク集 (3)
お絵かき (21)
3周年! 薄い本大作戦 (72)
4周年! 紙人形と薄い本作戦 (51)
女子はいつ腐るか? (16)
けいおん!(りある (3)

最新記事

月別アーカイブ

くんたっしゅ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR