FC2ブログ

ううん酸

とりまシェリル・ノームのファンサイトです。うさんくさい?

新刊明日! 後書き全文掲載です!!

いよいよ明日やん!!
目標販売数20冊ぐらいで考えてます。20人・・・はい、もうそんな大それたこといいません。
お買い上げいただき楽しんでいただければ本望です。

さて、あたくし・・・文庫本などを買う時に、「後書き」とか、「解説」をよんでから買うかどうか決める・・・ということがよくあります。
「後書き」程度のネタバレは全然気にならないタイプなので。
といううわけで、下に今回の新刊の「後書き」を全文掲載します。

ちなみに本編にはほとんどふれてないや。
えへっ、購入の動機になるかな?





あとがき

あなたはシェリル・ノームという女性を知っていますか?
この書き出しで「あとがき」を書くのは2回目ですが、シェリルという女性について思いを馳せるとき、その優しさと気高さ、たゆまぬ努力と磨かれた美しさ、恋人への一途な思いとその勇気、その愛…、すべてが私の心をつかんで離しません。

さて本作は、ブログに掲載した作品を修正、加筆したものですが、お話の内容は当時と変わっていません。
初出は、2012年11月13日から、2013年2月1日までの連載でした。
すでに6年の歳月がたっていますが、当時も今も、文章にしたい思いは、シェリルがシェリルらしく活躍して、アルトと幸せな時間を過ごしている「お話」が読みたいとの一心です。
この5月に出しました本もブログ掲載作の再録ですので、それに続いての同スタイルでの発刊。
「新しいお話が読みたかった!」とお思いの方には大変申し訳ありません。
ただ、私自身は今回の加筆修正作業で当時の思いもよみがえり、かつ自分が読みたいお話が(あるいは読みたかったお話が)、ちゃんと「下書き」になっていて助かりました。
というより、6年も前に書いたお話ですので、
「おお、すごい。この作者よくわかっている。俺が読みたい小説をちゃんと書いているじゃないか! なにこれ俺得なの!?」みたいな?
自分なりにあらためてシェリルの魅力を再認識させていただきした。

ここですこし冊数も増えましたので、私のアルトとシェリルの「その後」の大きな全体像を語っておこうかと思います。
基本、TVシリーズと映画のいいとこ取りでご想像ください。
バジュラ戦役後、帰還したアルト(「The 7days time travel」2018)は、シェリルと美星学園への復学を果たします。
このころのシェリルは治療静養が必要で、かつギャラクシーの星間犯罪に対する重要参考人としてフロンティアに監視されます。
ゆえに二人とも政府の参考人保護プログラムのもと「一般人」として慎ましく同棲生活を送ります。(「さよならフェアリー9」2016)

この時期はアルトがSMSと学生の兼業で生活費を捻出しますので、小さなアパートでこじんまりと、でもシェリルにとっては病気治療の苦しさ、監視されることの窮屈さはあっても、アルトとの小さな小さな生活を楽しむ幸せな時間となります(このあたりも「「The 7days time travel」2018に少し。」)
またこの時期に勉強熱心なシェリルは美星学園の航宙科でVF(可変戦闘機)のパイロットライセンスを取得。
後年は趣味(!?)の一つとして自家用バルキリーに乗ります。
(このくだりも「さよならフェアリー9」2016にあります、ぜひ読んで!)
やがて美星学園航宙科をそろって卒業、シェリルは病気を根治し、証人保護期間も終わり、晴れて自由の身となって芸能活動を本格再開します。
アルトもSMSでの活動を進め、アグレッサーとしての仕事なども始めます。
オリンピアへの「引越し」の理由は、アルトが惑星ガイノスへの駐在が決まり、二人の生活をどうしようか迷った時、その近傍に長く停泊しているオリンピア船団なら、「あたしも行けるわ」っと、シェリルがアルトを追いかけてきたとしています。
このために、オリンピア船団は銀河系のフォールドゲートのハブに位置する大都会などの設定も付加しました。
オリンピアでの生活は、「シェリル・ナイツ」2015に一連の事件と合わせてお話があります(すみません、こちらは完売してしまいました)。
この「シェリル・ナイツ」の事件以降は、フォールド波による生体携帯(ようはテレパシー)が普及し、数光年の先でもリアルタイムに端末などのインフラなしで会話が成り立つ宇宙を想像していますが、これはアルシェリのお話にするにはいささか大きすぎて保留中です。
そんな大冒険だの事件だの巻き起こしながら、シェリルはいつもアルトと一緒です。
アルトはいつもシェリルを心配しながら「ったく、勝手に動くな!」なんていいながら、でも銀河の妖精にメロメロで(ツンだから態度には出ないけど)、シェリルも常にアルトに一途です。
う~~~ん、完璧?

今回のお話は「さよならフェアリー9」2016と、「シェリル・ナイツ」2015のちょうど中間くらいの時系列になります。
時期で言えばオリンピアに移った直後とか婚約期とかです。
新婚旅行の先取りで地球観光した時の一幕ですね。

すでにブログを始めてから6年の歳月が過ぎました。フロンティアも10周年を迎えます。
私の同人活動のステージにもいろいろな人が現れ、また降りてゆく人もおり。
さいわい多くの仲間にも恵まれて、いましばらくは活動を続けられそうです。
アルトとシェリルの冒険譚もまた新しいものに挑戦したいと思います。

最後に、今回も多大なるご好意でこのような本を完成することが出来ました。
カバー絵を名路野えむさん。
表紙デザインはt-meshiさん。
推敲校正にふーちゃん、またさまざまなご指導をアルシェリ部のみなさんから頂きました。
伏してお礼申し上げます。
そしてブログ訪問や、拍手を頂く皆様にも重ねてお礼を。
2次創作とはいえアルトとシェリルの新たな物語をつむぎ出すことが出来た一番は、皆様の関心と励ましです。


それではまた機会がございましたら新刊でお会いしましょう。

2018年10月
Kikikix
スポンサーサイト



  1. 2018/10/06(土) 12:20:14|
  2. 作品(マクロス小説)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<とりいそぎお礼だけでも!!(10/7イベント御礼) | ホーム | 再度宣伝。10/7SCC13 東5め40a ですよん。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikikix.blog.fc2.com/tb.php/1729-daebd877
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kikikix

Author:kikikix
アルトとシェリルでSF風ショートショートがメインです。
ちょこっとフイギュアとかに逃げる時があります。
SSは「~年表」が作品リストになってます。
フィギュアは?まあこういうのもフイギュアって言ってOK?

カテゴリ

未分類 (16)
日々 (1022)
アルシェリ年表(小説SSリスト) (5)
作品(マクロス小説) (121)
拍手返事 (33)
菓子箱バルキリー (22)
シェリルふいぎゅあとか立体系 (376)
いただきもの (14)
リンクフリーです!リンク集 (3)
お絵かき (21)
3周年! 薄い本大作戦 (72)
4周年! 紙人形と薄い本作戦 (51)
女子はいつ腐るか? (16)
けいおん!(りある (3)

最新記事

月別アーカイブ

くんたっしゅ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR