FC2ブログ

ううん酸

とりまシェリル・ノームのファンサイトです。うさんくさい?

恋人ごっこの終わり

こういうネタもたぶんどこかに既出だろうけど。
自分的には、わりとSF小噺とか、起承転結話が好きなので、本編補完とかあんまりやってないからね。まあアリということで。
しかしはやこのブログも3年超。個人的には日記としても最長継続コンテンツです。毎日毎日シェリル、シェリルと良く続くよ・・・


→ あっ、TVシリーズ最終決戦前夜です、このあとアイランド1では珍しくなくなった雪の降る中、二人で「出勤」するまでが決戦前という雰囲気です。
ああ、切ないぞアルシェリ・・・


「恋人ごっこのおわり」


「この闘いが終わったら・・・って、考えていたんだ。」横になってしばらくしてから、アルトが思い出した様に言う。
寒い夜だ。ときおり強く吹く風は、気象コントロールの破綻か、気密がどこかで破損したのだろうか? 長引くバジュラとの闘いで、最近は資源、エネルギーの制約も激しい。ゆえに夜は真冬のような寒さになる。

温かさを求めてベッドで寄り添い、二人で眠ろうとしていた。
彼の胸に納まったシェリルが応える。「・・・終わったら?」
「ああ…、シェリルは早乙女の離れで静養するといい。」
すぐそばでアルトの息遣いを感じる。シェリルは明りの落ちた部屋で彼を見つめ続ける。近過ぎて、暗過ぎて、輪郭もわからないけど。けれども、心配そうな彼の顔が見える気がする。
「アルトのお家?」
「うん。いまは軍と医療機関の支援が必要だから、このアパートにいるけど。戦争が終わればシェリルは静養に専念した方がいい。」
「・・・。」
アルトはいつも未来の話をしてくれる。
明日で二人とも終わりかもしれないなんて絶対に言わない。二人とも死んじゃうかもなんて絶対に言わない。

・・・でも、さむいのだ。彼が温めてくれたあたしの手足は、離れればすぐに熱を失う。もっと・・・シェリルは彼の胸に、手のひらをそっと乗せる。
指の一つ一つから温もりがつたわる。
もっと・・・。
抱き返してくれたアルトが続ける。「うちなら・・・」
シェリルを助けてくれる人がいっぱいいる。食事だってお手伝いさんがつくってくれる。俺がいない間でも安心して生活できただろ? って、そんな話を続ける。
うなずいてからシェリルは応える。
「ねっ、じゃあさ、アルトのお家であたしは何をすればいいの?」
「・・・。」
しばしの沈黙。そんな返事は考えて無かった?
「そりゃあ・・・静養って言ったろ? だが・・・そうだな、やることはいくらでもあるぞ?」アルトが続ける。
「料理を覚えたければ教えてやるし、後援会だとかの仕事もある。体調がよければお客様対応も出来るだろ? もちろん病気が治れば歌うことだってできる。うん。お前は少しはりきり過ぎる時があるから・・・」
シェリルが出来そうな事を順番にあげている。
取り繕う様子がかわいらしい、あたしのアルト。
「それって花嫁修行?」シェリルが思い付いた事を口にする。だって、梨園のおかみさんみたいよ?
「ちよっと待て。俺はあの家に帰るわけじゃないからな? おまえに良いと思ってだな・・・」
ふふっ・・・シェリルに笑みがこぼれる。「そんな未来もいいかな。」
「どんな?」
彼の胸に顔をうずめてからシェリルは応える。
「アルトは現役パイロットで、シークレットサービスで、歌舞伎役者なの。あたしは梨園の妻で、トップアイドルで、アーティストで、いつもだんな様が護衛に付いてくれて・・・どう?」
「ああ・・・わくわくするな。」
「そうでしょ? それで、いろいろな惑星とか船団を旅して回ったりするの。あたしのツアーとアルトの公演はいつも重ってるの。いつも一緒。ふふっ、興行主に頑張って調整させなきゃ。」
「マネージャーが大変だ。」
「・・・そうね。」
カタッ・・・風で窓が小さく揺れる。
「ときどきランカちゃんも一緒になるの。だって彼女もツアーに出たりするし。」
「ああっ。」

現実には、マネージャーもランカも出奔したままだ。行方不明と言っていい。
ランカが無事ならば良いが、それも口にはしがたい。
「もう寝よう。」アルトがシェリルの髪にキスをした。
「うん・・・おやすみ。」

明日の作戦が最終決戦だ。
恋人ごっこは今日まで。明日流す涙はもうない。
だから、シェリルは今流れた涙はうれし涙だと思った。
だって・・・、いまこんなにも幸せなんだからって。

FIN
スポンサーサイト



  1. 2015/07/12(日) 08:15:35|
  2. 作品(マクロス小説)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<仕事早いよ! ととこちゃん!! | ホーム | しゅえっぷすしぇりる!!!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikikix.blog.fc2.com/tb.php/1107-8a7b7d6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kikikix

Author:kikikix
アルトとシェリルでSF風ショートショートがメインです。
ちょこっとフイギュアとかに逃げる時があります。
SSは「~年表」が作品リストになってます。
フィギュアは?まあこういうのもフイギュアって言ってOK?

カテゴリ

未分類 (16)
日々 (1022)
アルシェリ年表(小説SSリスト) (5)
作品(マクロス小説) (121)
拍手返事 (33)
菓子箱バルキリー (22)
シェリルふいぎゅあとか立体系 (376)
いただきもの (14)
リンクフリーです!リンク集 (3)
お絵かき (21)
3周年! 薄い本大作戦 (72)
4周年! 紙人形と薄い本作戦 (51)
女子はいつ腐るか? (16)
けいおん!(りある (3)

最新記事

月別アーカイブ

くんたっしゅ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR